Kota Ishii Official Website Since 2005
   ≫ プロフィール/仕事、趣味、経歴
   ≫ 石井光太の既刊本リスト
   ≫ 石井光太に対する100の質問
   ≫ メールによる問い合わせ
   ≫ 海外の写真1
   ≫ 海外の写真2
   ≫ 海外の写真3
   ≫ 【募集】 YouLaboトークイベント企画
   ≫ 【募集】 朝日カルチャーセンター講座
   ≫ 【募集】 取材対象者
   ≫ 石井光太の著作を電子書籍で購入
   ≫ 原稿、講演、インタビュー依頼等について
   ≫ 当サイトのリンク&バナーについて

   ≫ ブログ(石井光太公式ブログ)
   ≫ ツイッター
■ 著作のご案内 ■
   
遺体――震災、津波の果てに

生き延びた者は、膨大な数の死者を前に立ち止まることすら許されなかった。

2011年3月11日。東日本大震災が引き起こした津波は、一瞬のうちに約二万人もの死者・行方不明者を出した。
原子爆弾投下以来の膨大な死者。学校や工場は「遺体安置所」となり、次々と遺体が運ばれてくる。瞬く間に床が遺体でうまり、また別の安置所がつくられる。次々と直面する顔見知りの「体」に立ちすくみつつも、人々はどう弔いを為したのか?
遺体安置所をめぐる極限状態を追った、壮絶なるルポルタージュ。
■ 好評文庫シリーズ ■
     
  『絶対貧困  『神の棄てた裸体』    『物乞う仏陀
新刊本
『ニッポン異国紀行』(NHK出版新書) 

日本で死んだ外国人は冷凍されて空輸される? 外国人だらけの売春島が三重県にある? 日本人ホームレスを救う韓国人教会の目的は?
著者が、日本における外国人たちの驚くべき生態を、全国を駆け回ってルポします。NHK出版のWebマガジンでの連載の書籍化。

 
『アジアにこぼれた涙』(旅行人)

アジアの路上や売春宿やスラムで生きる人たちは、どんな涙を流しながら生きているのだろうか。それは喜びか、絶望か、希望か。
著者が海外で撮ってきた写真をふんだんに紹介しながらアジア各地を歩き回るビジュアル・ルポルタージュ。『旅行人』に五年にわたって連載したものを書籍化。

All Rights Reserved, Copyright KOTA ISHII