|トッププロフィール既刊本リスト著作関連写真100の質問取材テーマ募集仕事依頼ブログツイッターメールで問い合わせ

 好評文庫シリーズ


新刊  『格差と分断の社会地図   〜16歳からの〈日本のリアル〉』

──あなたはどちらの階層に生きていますか?
そして、自分の属していない階層のことを、知っていますか?

格差が拡大し、階層の断絶が深まっているからこそ、
私たちはいま、「自分とは違う階層」の現実を知る必要があるのです。

本書では、著者がこれまで若者に伝えてきた内容をもとに、1教育 2職業 3性別 4夜の仕事と昼の仕事5外国人 6障害者 7若者と老人という7つの格差構造とひき起こされつつある分断を具体的に紹介します。

「知っている」と思っている人ほど知らない「日本社会の問題点」、
そして我々がいま、何をすべきかが見えてきます。



ルポ『近親殺人』
凶悪事件が頻繁に報じられる中、日本の殺人事件の件数は減り続けていると知っているだろうか。

ピークは1954年の3081件。2013年には初めて1000件を下回り、近年は800-900件で推移しているのが実情だ。
ところが家庭内を主とした親族間での 殺人事件の件数は、ここ30年ほど、400-500件と変わっていない。筆者が分け入ったのは、この「家族の闇」だった。

「まじ消えてほしいわ」とLINEでやり取りしながら同居していた病弱の母親を放置し た姉妹、「殺さなければ殺される」とばかりに追い込まれて鬱病の姉にとどめを刺した家族、 真面目さがあだとなって寝たきりの夫を殺した元看護師、「夫の愛情を独占するのが 許せない」と幼い実子を高層階から投げ落とした若い母、そして、きょうだいを殺した母親との関係に苦しむ娘の慟哭――。

実際の7事件から炙り出される、新しい家族と社会の課題とは。
 ルポ『こどもホスピスの奇跡』
病を抱える子どもたちが、残り少ない人生を「深く生きる」ための場所。
大阪・鶴見に誕生した【こどもホスピス】の、これまで、そしてこれから――。

「ホスピス」=余命わずかな人を看取る施設?
いいえ、このホスピスはちょっと違います。

余命少ない子供たちが日々続く辛い治療から離れ、やりたいことをのびのびとやり、家族と生涯忘れえぬ思い出をつくる。
そんな、短くとも深く生きるための場所があったら――。
医師や親たち関係者の希望をたずさえ、大阪、鶴見に誕生した「TSURUMIこどもホスピス」。

「してあげたいと思うことは、すべてできました」

すべては病の子どもと家族のために。
親が、医師が、保育士が、IT起業家が、立ち上がった!
民間小児ホスピス誕生から日々の奮闘まで、感動の記録。
ルポ『夢幻の街』

新宿歌舞伎町ホストクラブの半世紀。
「夜の街」の真実を描く!

「どうせ社会の側の人たちが僕らに理解を示してくれることなんてないでしょう」

これは、生きる場所を求めて歌舞伎町に集まった若者たちの、泡のように淡い夢と重い現実の物語である。

新型コロナの震源地と呼ばれた「夜の街」とは
新宿歌舞伎町という虚構と真実の入り混じる街で、ホストたちはどんな半世紀をたどってきたのか。
ホストブーム、浄化作戦、東日本大震災、愛田武の死、そして新型コロナ……激動の街を描くノンフィクション。
小説『赤ちゃんをわが子として育てる方を求む』
  東北の地、石巻で、小さな命を守り続けた信念の医師がいた。

一九二六年に生を受けた菊田昇は、母が営む遊郭で育つ。
やがて、彼は様々な期待を背負って、東北大学医学部へ進み、産婦人科医となった。
だが、そこで直面したのは、まだ法整備が十分でなかった人工妊娠中絶における医療の闇だった。
昇は、小さな命を救うため、望まぬ妊娠をした女性と子供を望む夫婦の橋渡しを始める。

それは法を犯すことでもあった。
その事実が、新聞のスクープで明るみになり、世間を揺るがす事件に発展。
日母からの除名処分、国会招致、家宅捜索など、幾多の試練が降りかかる中、国を相手に闘い続け、一九八七年「特別養子縁組制度」を勝ち取った。
 ルポ『育てられない母親たち』
   ニュースで虐待死事件が報じられるたびに、人々は親の鬼畜ぶりに怒り、児童相談所や教育委員会、学校の手落ちを批判する。
しかし私たちは、児童虐待に4種類あることすら知らない。

なぜ「虐待」や「育児困難」は増えるのか。
虐待をする親は子供にどういう感情を持っているのか。
病気や障害はどう虐待と絡んでいるのか。
子供たちは虐待をする親をどう思っているのか。

そして、どうすれば子どもたちを救えるのか。

市井の人々のドラマを描きつづける著者が、リアルな事案24例を多面的に掘り下げ、社会病理の構造を浮き彫りにする。
ルポ『本当の貧困の話をしよう』
  君たちが幸せをつかむために今知るべきこと。
最底辺のリアルから始まる「新しい世界」のかたち。

・日本は国民の7人に1人が貧困層
・なぜ川崎の少年たちは中学生を殺したのか?
・世界各地の子供兵のあまりに悲惨な現実
・クリスティアーノ・ロナウド、孫正義、安室奈美恵……
「貧困の壁」を突破した先人たちの勇気

格差の固定化、少年犯罪、メガスラム、ストリートチルドレン、人身売買、売春、薬物依存、世界各地の少年兵……。
すべての「繋がり」と貧困問題の「構造」を解き明かし、解決へ向けた未来へのヒントを示す著者集大成となる一冊。
人生への向き合い方が「180度変わる」感動の講座!


copyright©Kota ishii all rights reserved  official website kota ishii since 2005